花と休息「wakamatsu」

イベント詳細
event

伊那谷を拠点に活動する陶芸家の五月女寛さんの展示を、wakamatsuにて行います。 初めて五月女さんの器を見たとき、この人は死に向き合ってる人だと直感しました。 なぜなら彼の器が、生を欲するエネルギーに満ち溢れていたからです。 その彼の作品展が、木曽谷の底、影の多い町ここ奈良井で行われることは、半ば必然ではないでしょうか。 五月女さんの器が、暖かい太陽を欲するこの町の民の姿に重なります。 死を拒否しつつも死に向かおうとする生、その壮絶な姿を感じていただきたいと思います。

  • 日時

    2021年8月21日(土)・22日(日)・23日(月)/26(木)・27日(金)・28(土)・29日(日)

  • 会場

    花と休息「wakamatsu」
    〒399-6303 長野県塩尻市奈良井212

  • 時間

    11:00 - 17:00

作家紹介
creator

  • 五月女 寛 / さおとめ ひろし

    陶芸家。画家。1969年、千葉・柏市生まれ。2005年、東京・雑司が谷にアトリエを開設。 以後、個展を中心とした作品発表を行う。従来の枠にとらわれない自由な発想のもと、土と向き合いながら素材のもつ可能性を探究。 手びねりで一つひとつ時間を掛けて仕上げる方法を用い、オブジェ、器、花入れ等を制作。 2017年からは土をキャンバスにした墨象画を発表。2019年に信州・伊那谷に移住。 豊かな自然に寄り添う暮らしの中で創作を続ける。

お問い合わせ
contact

お問い合わせについては、以下のボタンよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら